【フェヌグリーク】男性ホルモンで性欲、勃起力、活力アップ

投稿日:

【フェヌグリーク】男性ホルモンで性欲、勃起力、活力アップフェヌグリークは地中海地方が原産の植物ですが、中近東やアフリカ、インドでも栽培されていました。

そして日本にも江戸時代に持ち込まれていましたが、栽培はしませんでした。

フェヌグリークは料理にも使われますし、牧草としても利用されます。

また、タバコのフレーバーや薬草としても利用されてる活用範囲が広い植物です。

精力の面からフェヌグリークの効果を見ると、男性ホルモンを活性化させる効果がフェヌグリークにはあります。

また、胃腸の働きを助ける、生活習慣病を予防するなどの健康をサポートする役割もフェヌグリークにはあります。

フェヌグリークは精力でメジャーな成分ではありませんが、精力に関係ある成分なので詳しく見ていきましょう。

フェヌグリークの摂取方法

フェヌグリークは収穫するとエキスを抽出します。ISO認証工場の品質管理されてる環境で製造されてるフェヌグリークもあり、品質に重きを置いてる商品もあります。

フェヌグリークは生の葉っぱで購入するのが難しく、葉っぱを調理するなら種を購入して栽培するしか方法はありません。

そして、葉は苦いので好みが分かれるでしょう。ちなみに、種は約1,000円で購入できます。

日本でフェヌグリーク料理と言ったらカレー、炒め物、タンドリーチキンなどが一般的で、フェヌグリークスパイスなら300円で購入できます。

また、生地にスパイスを練り込んでトルティーヤを作る方法もあります。スパイスは入れすぎると苦くなるので注意です。

しかし、フェヌグリークのために毎日カレーを食べる、フェヌグリークスパイスを毎日利用するとなると味に飽きてしまうため、サプリでの摂取が無難でしょう。

フェヌグリークの効果

フェヌグリークは男性ホルモンのテストステロンの分泌を促す働きがあります。

これにより、筋肉増量だけでなく性欲アップが期待できます。

また、血糖値やコレステロールを下げて糖尿病、動脈硬化、脳梗塞などの生活習慣病を防止する働きもあり、健康から精力アップが狙えます。

糖尿病は血管や神経の障害を引き起こしてペニスへの血流が悪くなり、勃起しにくくなるので、フェヌグリークはそれを防止してくれます。

さらにフェヌグリークにはジオスゲニンが含まれます。ジオスゲニンは若返りホルモンと呼ばれるデヒドロエピアンドロステロンと似た働きをし、滋養強壮になります。

以上の事から、フェヌグリークをまとめるとこうなります。

  • 滋養強壮 → 活力→テストステロン分泌 → 性欲アップ
  • 健康サポートで糖尿病防止 → 勃起不全を防ぐ

「性欲がない、勃起しない、活力がない」そんな「ない」人には、フェヌグリークがお勧めです。

フェヌグリークの摂取タイミング

フェヌグリークをサプリで摂取する場合、お勧めなのが空腹時にサプリを摂取する事です。

空腹時なら胃が栄養を欲しがってるため、サプリの栄養が吸収されやすいのです。

また、フェヌグリークで分泌促進できるテストステロンは、睡眠中に分泌量が増えます。

サプリでフェヌグリークを補えばテストステロンが分泌しやすくなるため、睡眠前にサプリを摂取するのもお勧めです。

ちなみに、8時間ほど寝るとテストステロンは適切な量が分泌されるため、フェヌグリークを摂取して8時間寝るのが一番お勧めです。

また、テストステロンが睡眠をサポートして活力アップになるため、テストステロンと睡眠は大きく関わってるのです。

フェヌグリークの摂取目安量

フェヌグリークは摂取目安量や摂取上限が決まっていません。

しかし、目的別に摂取すると良い量はなんとなく分かっています。それによると、糖尿病のためには1日に1,000mg~1,500mgの摂取が良いとされています。

また、あるフェヌグリークサプリによると、1日の摂取目安量が1,220mgです。

以上の事から、1,000mg~2,500mgの範囲なら過剰摂取にはならないため、フェヌグリークをサプリや粉末で取り入れていくのなら、目安にしておきましょう。

薬の摂取時間に注意

フェヌグリークと相性が良い成分、相性が悪い成分は特にありません。サプリや料理の組み合わせで気を使う必要がないため、安心して摂取できます。

しかし、薬との組み合わせには注意が必要です。

これは、フェヌグリークの粘液質が薬の吸収を遅らせてしまう可能性があるからです。

薬を摂取してるなら、フェヌグリークを摂取する1時間前に薬を飲みましょう。

または、フェヌグリークを摂取してから数時間置いてから薬を飲むと安心です。

そして、フェヌグリークは血糖値に影響が出る可能性があるため、糖尿病になってしまった人は医師に相談してフェヌグリークを摂取しましょう。

フェヌグリークサプリの副作用

フェヌグリークの副作用は、下痢、胃の不快感など一般的なサプリの副作用です。

サプリの摂取目安量を大幅に上回るような過剰摂取には注意しましょう。

違和感があるなと感じたら、そこで使用を中止して医師に相談するのが一番安全です。

そして、フェヌグリークでユニークな副作用がメープル臭です。

フェヌグリークの種から抽出したエキスは甘い香りで、キャンディやお酒の香りづけに利用されます。

そのため、フェヌグリークを摂取しすぎると尿からメープル臭がする、体臭がメープル臭になるといったリスクもあります。

また、フェヌグリークはマメ科の一種なので、大豆、グリーンピース、ピーナッツなどの豆アレルギーがある人は摂取を避けましょう。

フェヌグリークの希少性

フェヌグリークは植物のまま手に入れるなら栽培するしかなく、植物としての希少価値は高いです。

しかし、スパイスやサプリなどの加工品は珍しいものではありません。

普段から家に常備してあるような身近なスパイスやパウダーではありませんが、通販で簡単に手に入ります。

また、サプリもフェヌグリークのものは種類こそ少なく、海外のサプリが多いのですが、通販で簡単に購入できます。

サプリの値段は1,000円以下のものが多く、他の成分のサプリの中でも安い方です。

500円のサプリでも1ヵ月分で1日に1,200mgのフェヌグリークを摂取できるものがあるため、お買い得サプリと言えます。

フェヌグリークまとめ

フェヌグリークについて色々と書いてきましたが、それをまとめたのが↓です。

  1. 栽培して食べるには苦くてお勧めできない
  2. スパイスでカレーや炒め物に入れる(入れ過ぎると苦くなる!)
  3. 男性ホルモンのテストステロンの分泌をサポート→性欲、睡眠、筋肉増に効く
  4. 血糖値を下げて糖尿病予防→勃起サポート
  5. 糖尿病になってしまったらフェヌグリークの摂取は控える
  6. 滋養強壮になる
  7. 性欲、勃起、活力がない人にお勧め
  8. 空腹時、睡眠前の摂取がお勧め→摂取したら8時間寝るとさらに良し
  9. 1,000mg~2,500mgが摂取目安量
  10. 薬を飲む時はフェヌグリークの摂取と間隔を開ける
  11. マメ科アレルギーは使用を控える
  12. ・サプリは1000円以下であり

フェヌグリークは精力アップにメジャーなものではなく、母乳育児に良い事から女性向けの商品だと思う人もいるでしょう。

しかし、フェヌグリークには様々な体に良い成分が配合されてるので、男性でも女性でも効果を期待できます。

そして、その効果の一部が精力向けなのです。

フェヌグリークのサプリは安いため、精力サプリと併用して利用してみると良いですね。

フェヌグリークは全面的に精力サポートをするものではないため、フェヌグリークだけの利用よりも併用をお勧めします。

-成分

Copyright© 【漢の精力剤】比較口コミランキングサイト , 2018 All Rights Reserved.