【ロイシン】筋肉増量、男性ホルモン分泌、肝臓ケアに効く

投稿日:

【ロイシン】筋肉増量、男性ホルモン分泌、肝臓ケアに効くロイシンは必須アミノ酸の一種で、イソロイシンとバリンを含めてBCAAと呼ばれます。

そして、筋トレする時に利用する成分として、ボディビルダーから愛用者が多くいます。

ボディビルダーを目指していなくても、筋肉が増えれば男性ホルモンの分泌は増えるので結果的に精力アップに近付けるのです。

また、ロイシンは肝臓の働きを助けます。

肝臓は食べ物の吸収に深く関わる臓器で、肝臓が不調だと体調の不調になり、どんなに精力に良いものを食べたとしても十分に吸収できません。

ロイシンは肉類や乳製品に多く含まれていて身近な食材から摂取できますが、ロイシンだけよりもBCAAとして摂取した方が良く、さらにBCAAはバランス良く摂取した方が尚良しです。

そのため、ロイシンはBCAAのサプリでの摂取がお勧めです。

ロイシンを多く含む食品

アミノ酸は微生物を使って製造されるため、ロイシンを生産する微生物を使って、ロイシンを製造していきます。

どの微生物がロイシンを製造するのか研究して製造され、ロイシンの製造方法で特許を取得してる会社もあります。

アミノ酸が結合したものはタンパク質であり、タンパク質が多く含まれるのは肉類やタンパク質です。

肉類だとレバーやハム、牛肉にロイシンは多く含まれます。また、乳製品だと牛乳やチーズにも含まれます。

さらに高野豆腐や納豆、きな粉にもロイシンは含まれますし、しらす干し、かつお節にもロイシンは含まれます。

朝ご飯は納豆ご飯と味噌汁、お昼はかつお節おにぎりとハムサラダ、夜はレバニラ炒めとかつお節をかけた冷奴など、ロイシンを意識した料理は身近なものなので、いつでも摂取しやすいでしょう。

相性が良い必須アミノ酸

ロイシンは筋肉を作る命令を出すため、その後に筋肉を作る必須アミノ酸とロイシンは相性が良いです。

必須アミノ酸はトリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、イソロイシン、ヒスチジンです。

これらは筋肉や酵素を作る働きがあり、ロイシンと共に摂取するためにマルチアミノ酸サプリなどを取り入れていくと良いでしょう。

必須アミノ酸はアミノ酸スコアというものがあり、どれか1つのアミノ酸が欠けるとそれだけで働きが悪くなります。

そのため、ロイシンだけでなく必須アミノ酸のまとまりとして摂取していくようにするのがベストです。

相性が悪いタンパク質

反対に相性が悪いのがタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸の吸収を妨げるため、できるならロイシンは食事と一緒ではなく、サプリで食事と別に食べるのがお勧めです。

ロイシンの効果効能

ロイシンはBCAAの中でも、筋肉の合成に重要な成分です。

ロイシンが筋肉を作るように命令を出すため、筋トレと共にロイシンを摂取すれば男らしい体付きに近付きます。

すると若々しい肉体になるだけでなく、男性ホルモンの分泌も促せる体になるのです。

そして、男性ホルモンの分泌が活発化すると性欲も出てきますし、精子の質も良くなります。

また、ロイシンは肝臓を助ける働きもあります。

肝臓はアルコールを分解する時に亜鉛を消費しますが、肝臓の調子が悪いと亜鉛を大量に消費しなければいけません。亜鉛は精子を作るのに必要ですし、精神安定に役立つ成分です。

ロイシンは亜鉛の節約を手助けすると同時に肝臓を守る役割もあるのです。

また、運動する人は亜鉛不足になりやすいため、筋トレするならロイシンが遠回りに亜鉛を節約してくれます。

ロイシンで筋肉アップ→男性ホルモンアップ→性欲、精子改善
筋トレで亜鉛減少→ロイシンで亜鉛節約

このように、ロイシンは精力アップするためのきっかけになります。

ED患者は運動不足の人が多いため、運動とロイシンを取り入れていくと良いですね。

「最近、運動してないな」「疲れやすいし性欲もない」「妻と妊活中」

上記のような人にロイシンはお勧めです。

ロイシンは摂取後の30分~60分が血中濃度のピークになります。体に留まる時間が長くはないため、こまめに摂取すると良いでしょう。

ロイシンの摂取タイミング

ロイシンを含むBCAAは、筋肉に関係ある働きがあるので運動前、運動中、運動後と運動に合わせて飲むのがお勧めです。

運動する予定がまだないのなら、セックス前後に摂取すると良いですね。

筋肉増量が効率良くできます。

また、起床時は1日の始まりで筋肉を動かすタイミングなので、この時にもロイシンを摂取するのがお勧めです。

ロイシン1日の摂取目安量

BCAAは、1回に2,000mgを摂取した方が2時間後の血中濃度が高値を維持できると実験で分かっています。
(参考:https://www.otsuka.co.jp/a-v/bcaa/bcaa_point.html

これを食品に置き換えると、本マグロの赤身が100gで2,100mg、牛ひき肉が100gで1,400mgです。

普段の食事からこの量を摂取すると、毎日続けて十分に摂取するのは厳しいですよね。

また、BCAAの理想的な比率は、バリン、ロイシン、イソロイシンの順番で1:2:1で、1日あたり5~10gのBCAAを摂取するのが目安です。

つまり、2500mg~5,000mgがロイシンの1日摂取目安となります。この比率を守って十分にロイシンを摂取するとなると、BCAAサプリでロイシンを摂取するのがお手軽です。

また、BCAAの上限は体重1キロにつき210mgです。

体重60キロなら1万2,600mg(=12.6g)が摂取上限なので注意しましょう。

ロイシンの副作用

ロイシンの副作用は特にありません。

ロイシンは筋肉で代謝されるため、肝臓にあまり負担をかけないからです。

しかし大量のロイシンを長期間に渡って摂取した場合は、肝臓に負担をかける可能性があるので注意しましょう。

肝臓に負担がかかると、食欲がなくなってきます。

特に脂っこいものを好まなくなり、むくみやすくなります。

また、お酒がおいしいと感じなくなってきます。これらの症状が現れてきたら、ロイシンが負担になってる可能性があります。

ロイシンの希少性

ロイシンは必須アミノ酸で食品からしか摂取できないとは言え、身近な食材から摂取できます。

また、ロイシンを含むサプリも多数あり、希少性は低いです。

ロイシンサプリの値段は、1,000円以下の商品もあれば7,000円代のものもあります。

多いのか2,000円~3,000円代で、ロイシンだけのサプリよりもBCAAのサプリが多数です。

つまり、ロイシンサプリを選ぶならBCAAとして探した方が種類は広くなります。

ロイシンのまとめ

ロイシンはそれ単体で摂取するよりも、BCAAでまとめて摂取した方が効果的です。

また、アミノ酸スコアを考えて必須アミノ酸で大きくまとめた方が尚良しです。

そのため、ロイシンサプリを探すならBCAAサプリを探す、マルチアミノ酸などを探すと考えた方が良しです。

そしてロイシンは筋肉と深く関わってるため、ロイシンを意識するなら筋トレも一緒に取り入れていきましょう。

精力アップするためには、運動で若さも活力も手に入れた方が良いです。

EDの人は、栄養不足ではないけども運動不足の人は多いため、精力サプリやロイシンサプリ+運動を取り入れていくと精力アップしやすいでしょう。

-成分

Copyright© 【漢の精力剤】比較口コミランキングサイト , 2019 All Rights Reserved.