【オルニチン】成長ホルモンアップと体力回復効果

投稿日:2018年8月22日 更新日:

【オルニチン】成長ホルモンアップと体力回復効果しじみに多く含まれているオルニチンは、肝機能の働きを助けて体力回復をサポートします。

また、成長ホルモンの分泌を促して様々な精力減退の負担を少なくする働きもあります。

オルニチンは精力アップに直接の活躍をするものではありませんが、精力の底上げに必要な縁の下の力持ちです。

また、オルニチンはアルコールの分解を助ける働きがあり、お酒を良く飲む人はオルニチンを意識的に多く摂取した方が良いでしょう。

オルニチンの製造方法

大手食品会社のレポートでは、オルニチンを酵母や細菌を用いて製造するとの実験が記されています。

また、別の資料では糖を用いて製造するとも書いてあるため、オルニチンは微生物によって作られると考えられます。

オルニチンが多く含まれる食材

オルニチンが多く含まれる食材はしじみが代表的ですが、きのこはしじみよりも多くオルニチンが含まれます。

特にぶなしめじはきのこ類の中でもオルニチン量が多いです。

また、ヒラメ、キハダマグロ、チーズなどにもオルニチンは含まれます。

オルニチンを意識した料理だと、きのことチーズたっぷりグラタン、しじみの味噌汁、ヒラメの煮付け、キハダマグロの刺身など、オルニチンを含む食材での料理はバリエーションがたくさんあります。

ぶなしめじなどのきのこ類は1年を通して値段の上げ下げが少なく、リーズナブルで調理しやすい食材なのでオルニチンを摂取するのに最適ですよね。

身近な食材から摂取できるのがオルニチンの魅力です。

オルニチンと一緒に摂りたいクエン酸

オルニチンと相性が良い成分はいくつかあり、組み合わせによって期待できる効果が異なります。

精力に関して言うなら、オルニチンはクエン酸と組み合わせる事でエネルギー代謝がアップします。

なぜなら、クエン酸は細胞がエネルギーを生み出す元となる成分だからです。エネルギーを生み出すのがオルニチンサイクルなら、クエン酸はエネルギーの発電所のようなものです。

クエン酸は柑橘類などの酸っぱい食べ物に含まれているため、オルニチンと一緒に摂取すると良いでしょう。

また、お酒の分解をサポートするならウコンに含まれるクルクミンを摂取すると良しです。

そして、オルニチンと相性が悪い成分は検索してもなく、オルニチンは他の成分と合わせやすいというメリットがあります。

オルニチンの効果は肝機能と成長ホルモンに働きかける

オルニチンは肝機能を向上させる事と成長ホルモンの分泌を促進する事の2つが精力アップの効果です。

まず、オルニチンは肝臓でオルニチン回路を作ります。アンモニアを尿に変えて排出するのです。

これが上手くいかないと、体は有害物質が溜まって疲労感を感じるようになります。

オルニチン摂取後に運動したら疲労感の低下を抑えれたとの報告もあり、疲れからくる性欲低下を防いでくれます。

また、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進します。

成長ホルモンは体内の物質をエネルギーとして使えるようにする働きがあるのです。

つまり、勃起力、性欲、滋養強壮など精力に関するあらゆる事が成長ホルモンの分泌促進で期待できるのです。

つまり、オルニチンは

  • 性欲低下に悩む人
  • 勃起力、中折に悩む人
  • 持続力がない人

などエネルギー不足を感じる人に向いてる成分です。

オルニチンの効果継続時間は不明ですが、食べ物が胃に留まる時間が2~3時間なので、オルニチン効果も同等の時間ぐらいが効果時間だと思われます。

オルニチンの摂取タイミング

空腹時は胃が成分を吸収しやすいため、オルニチンを飲むのに適しています。

さらに空腹時はグレリンと呼ばれるホルモンが分泌して成長ホルモンの分泌を促してくれるため、空腹時はオルニチンの摂取チャンスです。

また、成長ホルモンは就寝時に多く分泌されるため、オルニチンを寝る前に飲むと成長ホルモンの分泌をサポートします。

しかし、寝る前に食事をすると胃に負担がかかります。そのため、オルニチンを意識した食事ではなく、オルニチンサプリを摂取する方が体に優しいでしょう。

そして、もしセックスの疲れを癒やしたいのならセックス後にオルニチンを摂取すると、筋肉を修復して疲れを取り除いてくれますよ。

オルニチン1日の摂取量は400~1,000mg

成人の場合、1日に必要なオルニチン量は400~1,000mgです。

これをしじみで計算すると、2,300~3,200個のしじみを食べなければいけない計算になります。

しじみ○百個分!と宣伝するサプリもありますが、しじみ○百個分と百単位ではまだまだ十分な量ではありません。

また、オルニチンがしじみよりも豊富に含まれているぶなしめじでさえ、100gあたりのオルニチン含有量は140mgです。

100gはぶなしめじ1袋分なので、最低でもぶなしめじを1日に4袋食べなければいけない計算になります。

これらはあまり現実的な数字ではありませんよね?そのため、オルニチンはサプリで摂取するのが理想的です。

そしてオルニチンの1日摂取上限は4,800mgと言われているため、オルニチン高配合サプリは摂取量を計算して飲むようにしましょう。

オルニチンの副作用

オルニチンは多少は多く摂取したとしても、体外に排出してしまう成分です。そのため、副作用はあまり報告されていません。

しかし、オルニチンを1日に10g摂取した所、下痢や胃痛があったとの報告はあります。

10gは1万mgで、オルニチン摂取目安である1,000mgを大幅に超えています。

過剰摂取の副作用はオルニチンに限った事ではありませんが、オルニチン目安を大幅に超えるサプリの飲み方は辞めておきましょう。

オルニチンの希少性は低い

オルニチンは食事から十分な量を摂取するのは難しいと考えると、サプリの重要性は高いです。

しかし、オルニチンサプリは複数のメーカーが出していて、価格は1,000~3,000円と安いです。そのため、サプリの希少性は低いと言えます。

そして、オルニチンサプリを選ぶ時に注意したいのが配合量です。

オルニチン配合とあっても1日に400mgなど、オルニチンの摂取目安のボーダーラインしか配合されていないサプリもあります。

配合量が少ないと効果はあまり感じませんし、きのこやしじみを食事で食べただけではオルニチンは微々たる摂取です。

そのため、できるなら配合量が多いサプリを選ぶのがポイントです。

また、オルニチンの含有量が少ない場合は、1日目安量を摂取すると何粒を飲み、そうすると何日分のサプリで本当に安いのかと計算すると良いですよ。

まとめ

以上の事をまとめると、オルニチンは

  1. 疲労回復、体力回復の体力的な事
  2. 勃起力、中折れ、継続のペニスに関する事
  3. 性欲の精神面

この3つに効果が期待できると言えます。

オルニチンはこんな方におすすめ

  • 加齢で体力がない人
  • 疲れから精神的に元気がない人
  • ペニスに自信がない人

以上に当てはまるならオルニチン不足かもしれないため、オルニチンを積極的に生活に取り入れていきましょう。

オルニチンはアルコール分解に役立つため、お酒を飲む人ならなおさらオルニチンが必要です。

しかし、食事からオルニチンを摂取しようと考えると現実的には難しいですし、食べ過ぎでお腹を壊す可能性があります。

そのため、サプリでの摂取がお勧めです。

そして、サプリは1日の摂取目安をまかなえるような高配合なものを選ぶようにしましょう。

オルニチンサプリはサプリの中でも安いため、高配合でもリーズナブルに手に入りますよ。

-成分

Copyright© 【漢の精力剤】比較口コミランキングサイト , 2019 All Rights Reserved.